鯖の塩焼き

アクセスカウンタ

zoom RSS セーフティーバーは私が下げる

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私には、職場の中で割り当てられた仕事がある。
これはどんな職場でもそうだろう。それぞれに何かしらの仕事が割り当てられているのだ。

当然、自分が割り当てられた仕事はこなさなければならない。また逆に、他人の仕事に手を出すべきではない。
それぞれに与えられた役割があり、それに基づいて給料をもらっているのだから、ある意味、当たり前のことである。

しかし、職場の中で私の仕事に手を出す人がいる。もちろん、私が頼んだわけではない。
親切心からやっているかと言えば必ずしもそうではないようだ。自分が興味のある内容だからやっている、という感じである。

これが非常にやっかいである。
「やってくれるんだから楽でいいじゃん」という人もいるが、そうではないだろう。私に割り当てられた仕事なのだらか私がやるべきことなのである。そのために私は職場にいるのだから。
それに、その仕事を進めていく上で、私が「こうしよう」と思っていても、黙って勝手に自分で好きなように進めてしまうのだ。

やめてくれ、と言えばいいのだろうが、先輩なのでちょっと言いづらい。
だから最近は、知らない振りをして自分でも同じ事をやっているのだ。しかしこれは、労働力を無駄にしているということでもある。問題だ。

問題はそれだけではない。
その人は、自分の仕事をよそに私の領域に手を出すのだ。自分の仕事が片付いてしまって暇だから手伝う、というのなら分かるがそうではないのだ。
そうして、自分の仕事が詰まってくる。これはさらに問題であろう。

もちろん、私はその人の仕事に手を出したりすることはない。自分に割り当てられた仕事ではないのだから。
めいめいが勝手に自分のやりたいことをやっていっては、割り振りを決めた意味がないし、スケジュールだってメチャクチャになってしまう。
問題だなぁ、と思いつつも下っ端の私には解決し難い。うーん、困ったものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
セーフティーバーは私が下げる 鯖の塩焼き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる