これが国民の代表…

安倍改造内閣の閣僚2人が辞任した。
改造内閣の目玉的な女性閣僚を野党が狙い撃ちした格好だ。

発端は、いつもの通り野党の粗探しである。
小渕(元)大臣はまだしも、あのうちわ問題は本当にくだらないことだと思った。厳密には公職選挙法に違反するのかもしれないが、大臣を辞任しなければならないほどに大きな問題ではないのではないか、と思うのは私だけだろうか。だいたい、あんなうちわをもらったからと言って、票を投じようとどのぐらいの人が思うのだろうか。

まあ、これでいつものお決まりのパターンが始まることだろう。
大臣を辞任に追い込む→首相に任命責任を問う→審議に応じられない→十分に審議をしていない法案を云々、というパターンだ。いやはや、呆れるねぇ。

こんなことをしても野党の支持率は上がらないだろう。それどころか、国民の政治離れを進める結果になるのではないかと思う。
政策で真っ向から戦えないから、こんなクダラネェことを一生懸命やっているのだろう。少なくとも、そこに『日本をよくするために政治をやっている』という姿勢は感じられない。

これ以上、ツマラン政治は見せて欲しくないものだ…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック