私も原因の一人か?

「週刊少年サンデー」の印刷部数が40万部を割り込んだらしい。
まあ、売れている頃で何部ぐらいだったのかは知らないが…。

参考までに言うと、「週刊少年ジャンプ」で約240万部、「週刊少年マガジン」が115万部だということである。
一応は3大少年誌と言われている(言われていた?)のに、これはかなり寂しい数字である。

正直な話、私は昔はサンデーが一番好きだった。
何しろ連載漫画が良作揃いだった。ネームバリューこそジャンプの黄金期に比べるべくもなかったが、内容そのものは負けていない、いや、作品のバリエーションからすると、むしろサンデーの方が面白いと思えた時期があったぐらいだった。それなのにこんな事態になるとは…。

チョット前に、私も読むのが追い付かなくて購読は諦めたが、それもやはり、忙しいというだけではなく、かつてほどの輝きがなくなったというのは否定できないところである。
特に連載陣が、良かった頃から大幅に入れ替わってしまっているのが大きいと思う。昔、サンデーで人気があった作家は軒並み別の雑誌に移ってしまっているし。

元々、サンデーが好きなだっただけに、雑誌が廃れてしまうのは寂しいものがある。
買うのをやめてしまった身ではあるが、再度の購読を検討していない訳でもない。もう一度、時間がなくても読みたくなるような雑誌に戻って欲しいものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック