認識が変わるか?

上海ディズニーランドがオープンとなった。
今日はアチコチのニュースでも取り上げられたようだ。

そんな中で、私が見たニュースは、メインの話題がチョット違った。
ディズニーランドそのものというよりも、著作権に関する話題が多かった。

もちろん導入は上海ディズニーランドのオープンなのだが、そこから中国におけるキャラクタービジネスと著作権の話に移っていったのだ。
まあ、以前から中国はパクりとかコピーとかが問題になっていたというのもあったし、キャラクタービジネスがメインのディズニーではそれは大きな課題であろう。

アメリカは著作権に関してはかなり厳密というか、うるさいイメージがある。中国は全く逆のイメージだ。
このディズニーランドオープンがひとつの契機となって、中国における著作権の認識が変われば、とも思う。何しろ日本のキャラクターでも同じような被害にあっていたりするのだし。

そういう意味では、上海ディズニーランドが存在するということに、ある意味、期待している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック