都民を馬鹿にしてる

先日、発表された衆議院解散。
これを受けて、各党が色々と動きを見せている。

そんな中、小池都知事は、記者からの「自ら出馬はあり得るのか?」という質問に対して、否定をしなかった。
本当にそのつもりがあるのかどうか分からないが、これはあまりにも都民を馬鹿にしていると思う。

都知事に就任してから、まだあまり時間が経っていない。しかも、色々な課題を引っ掻き回すばかりで、成果らしい成果は何も上げていない。
それなのに、都知事を辞めて国政に打って出るようなことがあれば、小池都知事の期間は本当に無駄な時間でしかなかったという感じだ。もし、出馬するつもりがないのなら、ハッキリと否定するべきだ。

確かに、都知事の会派は先の都議選で大勝はした。それで欲が出ているのかもしれない。しかしそれは、公明党の協力があったからだと思う。
それを勘違いして、自分の力だと思っていると、痛い目に遭うのではないか。もちろん国政選挙では公明党の協力は得られないだろうし。

まあ、私は都民ではないので直接は関係ないのだが、やっぱり何だかスッキリしないなぁ・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック