原因は断線

最近、携帯電話の充電がちゃんと出来ていないことが多い。
まったく困った話だ。

私は、携帯電話の順では、夜、寝ている間にするので、時間的には十分な長さがあるはずだ。
しかし、朝、目が覚めて携帯電話を見てみると、充電の残量がほとんど増えてなかったりすることがある。これがけっこう、ショックと言うか、ガッカリするんだよなぁ・・・。

最初は本体の電池が弱ってきているのかと思ったのだが、日中、携帯電話を使っていても、そこまで電池の減りが激しい訳ではない。
もちろん、新品の頃に比べれば減りは早くなっているのだろうが。

で、実際に充電している間に、どんなペースで残量が増えていくのかを確かめてみた。
原始的な方法ではあるが、充電を開始してから見張っていたのだ。

すると、時々、携帯電話本体の充電のランプが消えたり点いたりしているのに気が付いた。つまりちゃんと充電がされていない、ということだ。
前述のとおり、日中の使用で電池の消耗がそれほど問題ではなかったので、充電がされていない原因は本体の電池によるものとは考えづらい。なので、充電器の方を触ってみると、充電ランプが消えたり点いたりした。やっぱりコイツか!

おそらく、充電器のコードが断線しているのではないかと思う。そのため、コードの角度や挿入の具合によって、電気が通ったり通らなかったりするのだろう。
何はともあれ、原因が分かって良かった。これで対応策が考えられる。

携帯電話交換とか、お金がかかることにならなくて良かった・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0