第6部が心配

そう言えば、『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメがまた始めるらしい。
もちろん、次は第5部だ。

当然のことながら楽しみにしているのだが、ちょっと不安もある。
この第5部は、アニメで見せるにはなかなか大変なのではないかと。

例えば、スタンド能力は複雑な物が多いので、アニメのスピード感で言葉だけの解説で追いつけるのだろうか、と思ってしまう。
ファンならばもちろん、解説を聞くまでもなくスタンド能力を把握している人も多いだろうし、問題はないのかもしれないが、視聴者はファンだけではないし。

ウチでも、妻はジョジョを読んだことはないのだが、アニメは一緒に見ている。
で、第4部の頃は、見ながら解説を求められることが時々あった。おそらく、第五部でもそうなるのではないかと思う。妻はその場の解説ですぐ理解してくれるので良いのだが、一人で何となく見ている人なんかは置いてけぼり状態になってしまったり、ということもあるのではないだろうか。

おそらく、今度の第5部が終わってしばらくしたら、今度はまた第6部をやるのではないかと思う。
第6部は漫画で読んでいたってゴチャゴチャした所が多いのに、アニメで大丈夫なのかと今から心配だ。

まあ、とりあえずは今度やる第5部。これがどんな感じになっているのか、見てみるとしよう。